TOP > Pマークへの道 > 第三話 キックオフミーティング

Pマークへの道 プライバシーマーク制度。この制度にミームで申請するなんて、制度開始時には、考えもしなかった。

第三話 キックオフミーティング

夜19:30、リーダーが4階打合せテーブルに集まった。社長からみんなに、コンサルT氏が紹介される。挨拶もそこそこに、プロジェクター画面に大きくパワーポイントのドキュメントが開かれた。
T氏:「%&#&!#%&$」
一同:「・・・(-_-)」
T氏の口からでる言葉は、まるで馴染みのないものばかりで、こんなことで本当に申請にこぎつけられるのだろうかと、正直あせってしまう。T氏は尚も続ける。
T氏:「要するに、Pマークというのは・・・」
一同:「ん?」「ああ?」「そういうことね」(^o^)
各リーダーの顔に安堵の色が浮かんだ。「要するに」だけを聞くと、わかるじゃないか。
な~んだ日本語だったんだ。
平たく言うと、取得申請のためにすべきことは、次のような手順のようだ。
1.課題を洗い出す
2.社内で取り扱う個人情報を特定する
3.個人情報の保護方針を立てる
4.PMの要求事項に沿った社内規定を作成する
5.社内規定を運用する
6.最低1ヶ月の運用実績を監査する
7.申請書類を作成し申請する
そして、ミーティングの最後に社長が一言を発した。
「通常半年から1年かかるようですが、ミームでは3カ月で申請までもっていきます。忙しいでしょうが、取得に向けてみんなでがんばりましょう」
思ったらすぐでないとイヤな性格の社長を持つと、社員もコンサル氏も大変である。ヤレヤレ。。。
(第四話「プライバシーに関するものとは?!」につづく)