TOP > MEビル物語 > 第十二話 「工事現場にお引っ越し」

コラム MEビル物語《2006年特別企画》憧れの自社ビル生活は、そんなに甘くなかった

第十二話 「工事現場にお引っ越し」

移転の日程は、お日柄で決めました。ミーム大阪最後の引っ越しです。担げる縁起は全て担いで、3月27日月曜日を移転日と決定。月曜日なら、この日から業務開始にしたいと思い、引っ越し作業は25日土曜日に実施。これなら、仕事の穴が最小限に抑えられそうです。

日にちが決まれば、引っ越し屋さんの手配です。 近頃は便利なもので、インターネットで見積を一括依頼できるんですよ。 ところが、3月最後の土曜日というのは、 1年でも最も引っ越しの繁忙期らしく、各社さんが、ご辞退。(泣) それでも3社さんが、見積しに来てくれました。 すったもんだ、値切り合戦のあげく、 お願いするのは、アリさんマークの引越社さんに決定! 手のあいたスタッフから、荷物を整理して、 どんどんダンボールにつめていきます。 引っ越し前日の24日は、午後から休業にさせていただき、 本格的に、引っ越し準備に入りました。

ミームの引っ越しで、一番大事なこと。何だと思います? はい、その通り。サーバの移転です。 我々の仕事では、サーバのデータが宝物。 これさえあれば、パソコンつないで、どこでも仕事はできます。 だから、引っ越しよりずっと前に、LANの整備とサーバ移転の テストを実施するハズだったのですが、 いろいろトラブルがあり、結局引っ越し当日になってしまいました。

引っ越し当日は、朝8時に集合。 新ビルの収納などの掃除をするチームと、荷物を送り出すチームに分かれ、 引っ越しの注意点を話していると、まもなくアリさん到着。 ご挨拶もそこそこに、どんどん荷物が運ばれていきます。 前日にすべて準備したつもりが、運び先が指定できていない荷物続出。 アリさん、ごめんなさい!といいつつ、その場で、指示していきます。 でっかいトラックに荷物をいっぱい詰め込み、 第一陣が出発したのが11時。う~ん、積み込みだけで3時間かぁ。。。 いったい何時に終了できるのでしょうか。

・・・・to be continued.

※新ビルオープンの日に、このお話もリアルタイムに追いつく予定だったのですが、前半長くなりすぎて、少し伸びてしまいました。あまり走ってしまうより、きちんと記録にしておきたいと思い、もう数週間、おつきあいくださいませ。