TOP > MEビル物語 > 第八話 「少々キレかけてしまいましたが・・・」

コラム MEビル物語《2006年特別企画》憧れの自社ビル生活は、そんなに甘くなかった

第八話 「少々キレかけてしまいましたが・・・」

「決まりました!!おめでとうございます!」不動産やさんからの電話が入り、あっけないほどきっぱりと、落札となりました。他に何社が入札したとか、他はいくらで入札したとか、そんな情報も一切なく、とにかく決まったとのこと。うーむ。苦しんで決めたアノ金額は、果たして、ギリギリよい値段だったのか。それとも、おおバカ者だったのか?ま、「知らぬはホトケ」と申します。

いよいよ契約、と思ったら、思わぬストップが!債権者であるメインバンクが、この落札金額で本当に売却するのか、検討をするというのです。「はぁ~?」落札させてから、そんなこと言うワケ?!「ありえねぇ」と思いつつも、数日内に結論を出すというので、しかたなく、果報は寝て待つことにしました。

今回ばかりは「運命」に従いましょう。あがいたところでどうなるものでもなし、ミームがビルを持っていいかどうか、神様が検討中なんだろう、ということで。

・・・・to be continued.