TOP > MEビル物語 > 第三話 言ってくれれば諦められるのに~!

コラム MEビル物語《2006年特別企画》憧れの自社ビル生活は、そんなに甘くなかった

第三話 言ってくれれば諦められるのに~!

図面などの資料を拝見し、「んで?なんぼ?」と聞いてみたわけです。大阪人ってすごいですね。焼き芋も、ビルも、「なんぼ?」でいいんです。(笑)詳しい情報を聞かずに値段を聞いたのは、もちろん、ミームには不釣り合いな大きさだったから。すなわち、驚くような価格のものなら、検討すらできないし、ってことで、さっさと諦めようと思ったわけです。と、次の瞬間、驚愕の事実がわかりました。

不動産やさん 「入札物件なんですよ」
ミームの社長 「・・・(^_^;)」
不動産やさん 「購入希望なら、金額を決めてください」
ミームの社長 「・・・(-_-)」

ビル1本の値段って、わかりますか?マンションや戸建て住宅ならチラシを見ることもあるし、だいたいの相場はわかりますが、ビルの値段なんてわかりっこない。ヒントとして知っているのは、今まで紹介してもらった物件よりず~っとデカイということ。

ミームの社長 「よそはいくらくらいで入札されるんですかね?」
不動産やさん 「そんなことわかったら、入札になりませんやん!」

うーん。困りました。いったいいくらなら、落札できるのでしょうか?値段がないので諦めるわけにもいかず、だからといっていくらかわからない。さて、私たちはどうすればいいのでしょうか!?

・・・・to be continued.