TOP > MEビル物語 > 第二話 思いがけない秋の出会いに目がテン!

コラム MEビル物語《2006年特別企画》憧れの自社ビル生活は、そんなに甘くなかった

第二話 思いがけない秋の出会いに目がテン!

創立10周年を迎えた昨年、ミーム大阪は、年末年始の休業日を利用して、WEBチームのフロアの大改装を実施。グラフィックチームと同様の、木肌を活かした温かくシンプルな内装にし、スタッフ席も拡張して、まだまだ使えるオフィスに大変身をしたのでした。正直、自社ビルなんて、まーだまだムリって認識だったのです。

それがある秋の日、近所の不動産やさんから、「ビル買いませんか?」という物件情報が舞い込んで来ました。そのビルの情報を見て、目がテンになりました。だって、ほんとにちゃんとしたビルだったんです。これまでは、ミームだけでいっぱいになるビルばかりだったのに、今度のは、テナントさんも入っているし、ミームでは使い切れないフロアがあって、そんなもん、ミームに買えるわけねーじゃん!と、ほとんど鼻で笑ってしまいました。

しかもその物件、今の事務所の窓から見えていて、いつも何気なく見ていた、都会の風景の1つだったから大笑い。

ま、勉強として資料だけでも見せていただきましょうか。よそのビルの図面とか見るチャンスは少ないし、マンションの間取り図とか見るのは好きだしね。ふむふむ、なかなかに立派な建物でございますね、と思って、遂に、不動産やさんとの話しは、核心へと進んでいったのです。

・・・・to be continued.